日本画的日常 伴戸玲伊子 REIKO BANDO

日本画の制作活動をしている伴戸玲伊子のブログです。 自身の制作や日々思うこと、美術館等について書いています。

NYに雪が降りました。 11日夕からブリザードになり、粉雪は丸1日半降り続いて30〜40㎝積もりました。さらさらのパウダースノーはキラキラと光っていて、まるで白雲母でも混じっているかのようです。 雪が止んだのは翌日の夕方。人々はそれから早速雪かきに取り掛 ...

私の家のすぐ近所にはダイナーがある。ダイナーと呼ばれるのはファミリーレストランのような気軽なレストランで、食事はもちろん、パフェ、ゼリー、ケーキ、プティング、パンケーキなど甘いものもある喫茶店のような雰囲気も備えたお店のことだ。アメリカの映画を見ている ...

NYの主要な美術館は一般のコレクターによる寄付、作品の寄贈によって支えられている。MOMAで先月まで行われていたオディロン・ルドンの展覧会もまた、こうしたコレクターの作品寄贈によって生まれたもので、100点以上の鉛筆・木炭ドローイング、版画、パステル画、油彩な ...

チェルシーは元々は倉庫街。表通りや有名店が並ぶ付近は賑やかだが、画廊が並ぶ辺りはいかにもガランとした印象のところも多い。入り口はあっさりした印象だが、中に入ってみると高い天井からの自然光と広い空間が美しいスペース、幾つかの小さめの部屋が連なるスペース、奥 ...

マンハッタンの先端、自由の女神が見えるBattery Parkのほど近くにアメリカン・インディアン美術館は建つ。この美術館はその名の通りインディアンの歴史・文化を保存保護し広める事を目的として建てられている。 ここで開催されている2つの展覧会を見に行った。インディ ...

METで行われている2つの展覧会を見に行った。Pragueの方は作品の量もあり(METの中では)比較的規模の大きな展示だ。この日は最終日と言う事もあり会場は多くの人で賑わっていた。プラハに保存されている宗教絵画と、これに関係したゴシック様式の教会装飾品や武具 ...

少し前になるが、MOMAの企画展を見てきた。何と言っても「SAFE」という企画展が面白い。人類は様々な脅威によってその存在を危険に晒されている〜それらから身を守るために開発された道具やシステム、あるいはその脅威そのものの提示、救護の為の道具などを展示し ...

 ストライキは続いている、とても不便だ。何かによって自分の行動が拘束されるのは、非常に面白くない。それにこのストライキはこの街にとって2度目なのだ、なぜ1度目の失敗の後で再度同じ事が起きないよう手を打たなかったのか?さすがに今回は痛手を受けて、市長も怒 ...

ニューヨークは大きな街ではない、マンハッタンは縦に細長く突き出た半島のような島だ。このマンハッタン内、及び近隣を結ぶ交通はほぼ全てMTA Sub Way&Bus1社に委ねられている。私鉄のバスラインはここに若干介入している程度に過ぎない。 このMTAがなんとストラ ...

ニューヨークは寒い。そして汚い。 ここ数日、最高気温・最低気温ともにマイナスの日が続いている。また空気が乾燥しているため、喉を痛めやすい。ましてマンハッタンの空気はひどい。一度ニューヨークに来たことがある方なら分かって頂けると思いますが、街は思ったより汚 ...

↑このページのトップヘ