日本画的日常 伴戸玲伊子 REIKO BANDO

日本画の制作活動をしている伴戸玲伊子のブログです。 自身の制作や日々思うこと、美術館等について書いています。

 そごう大宮店で行われる「アートフェア2017spring」に作品を出品いたします。このアートフェアでは現代作家や物故・巨匠の作品(日本画・洋画・版画・陶芸・彫刻など)が展示されます。 特別企画として次の5つの特集展示が予定されています。加山哲也 作陶展、藤本明洋 ...

私の家の近くでは果樹を育てているお宅が多く、 よく野鳥がやってきます。 冬になると、 時折トカゲやカエルなどが枝に刺してあるのを見かけます。   これはモズの仕業だそうです。 モズが冬場の保存食としてエサをとって置いていくのだ、 と聞いたことがあります ...

  美しい日本の風景画作品を集めた展覧会に、作品を出品します。この展覧会は春・夏・秋・冬・心象風景の5つのテーマによる構成で成り立っており、「日本の原風景」や「自然の美」などを表現した作品を見ることができます。 出品作品は近現代の日本画作品50点です。近 ...

 東京都美術館で行われるグループ展に大作2点を出品します。この展覧会は日展・院展・創画展という3つの団体展に所属し、東京と京都という2つの地域で活動する、同世代の作家による展示です。11名全員がこの展示のために、大作の新作日本画を発表します。 お近くにお ...

  東京・銀座のギャラリー和田さんで個展をさせて頂きます。 水の循環をテーマとした大作の風景作品と、 肥後椿の連作などを計10点ほど展示いたします。   雨や霧、川や海など、私たちの日常にはみずみずしい風景が存在しています。 見方を変えれば水は 様々に姿 ...

東京・日本橋の高島屋美術画廊にて行われる 「春待の月―現代女流作家展―」にF15号、SMの作品を出品します。 この展覧会では、日本画・洋画などの女流作家21名の作品が展示されます。   私はクレマチスを描いた作品(F15)などを出品します。 丈夫で力強い性質と、つ ...

  東京・池袋西武にて行われる「Will+s展2016」にM30の作品を出品します。 そごう・西武百貨店と創画会若手会員有志とが共同企画した展覧会で、 創画会の作家 約30名の作品が展示されます。お近くにお越しの方はご高覧下さいますよう、宜しくお願いいたします。   「 ...

秋の日はつるべ落とし、最近は急に日が短くなったように感じます。 日向ばかりでなく、少し日の陰った場所にも 繊細で趣きのある花が顔を見せてくれる季節。 足元の秋は影までも鮮やかで、天空は昼も夜も 高く広がっています。   さて創画展に「嵐のあと」という作 ...

和紙の原料として知られる「ミツマタ」。 文字通り三つ又に分岐しながら成長する樹形は どことなくユーモラスです。   この時期になると小さな花が半円形に密集して咲き、 辺りに清々しい香りを放ちます。   ミツマタはジンチョウゲ科の植物、 その香りもまさ ...

東京春期創画展にS50号の作品を出品します。東京春期創画展は今年から会場が変更になり、上野の森美術館にて行われることになりました。お近くにお越しの方はご高覧頂けますよう、宜しくお願いいたします。 「第42回春季創画展」2016年1/30(土)〜2/6(土)10:00〜 ...

↑このページのトップヘ