595eb777.JPG

梅雨の時期がやってきた。
私は雨が好きだ。
雨にはいろいろな種類があって、いろいろな名前がついている。
五月雨、緑雨、氷雨、穀雨・・・雨と言うとネガティブなイメージも強いけれど、私は雨が好き。

雷雨、天気雨、霧雨なんかもいい。
黒い雷雲から白い稲妻が海に落ちていく様子は美しい。
天気雨が高層ビルの無数のガラス窓を濡らし、輝かせる様子もきれい。
緑深い山中に降る霧雨が、木々を徐々に蒼くしていくようすも喩えようがない。
水は生き物を潤し、与えてくれる。
しかも美しい。
 
そんな風に考えながら、コーヒーを淹れる。
さあ、今日はどんな雨が降るだろう?
雨と共にやってくるのは何だろう?
そう思っていたら、夜がやってきた。
さあ、制作の時間だ。
 
(雑学・マメ知識)
そういえば紫陽花が色づいている。
紫陽花の花言葉は「うつり気・心がわり」だ。
女性に花を贈る予定の男性は、場合によっては紫陽花は避けるべきかも?