在外研修50周年展

文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、研修を支援する制度「文化庁新進芸術家海外研修制度」が50周年を迎えたことを記念した絵画展が行われます。

この制度は美術、音楽、演劇、アートマネージメントなど様々なジャンルの芸術家を支援していますが、本展では美術・絵画の分野(洋画・日本画・版画)で過去に研修を受けた75名の作品を見ることができます。内容は100号以下の新作。東京ほか愛媛、名古屋、茨城の会場に巡回する予定とのこと。

 

私は2005年度に研修を受け、本展に参加させて頂きました。椿をモチーフとした100号の作品を出品します。お近くにお越しの方はご高覧いただけますようよろしくお願いいたします。

 

「文化庁新進芸術家 海外研修制度 50周年記念展」

会 場:日本橋高島屋8階ホール
 
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/geijutsubunka/index.html

日 時:2017年8/3(木)〜14(月)

10301900 最終日は入場17:30まで

入場料:一般800円 高大生600円 中学生以下無料


出品作家:

《洋画》奥谷博、馬越陽子、白野文敏、今井信吾、絹谷幸二、相笠昌義、齋藤研、伊庭新太郎、上條陽子、村山きおえ、市野英樹、川口起美雄、田村能里子、遠藤彰子、松永久、金森宰司、北久美子、山田修市、安達博文、久野和洋、相田幸男、瀬川富紀男、玉川信一、吉岡正人、三浦明範、福島瑞穂、石井武夫、滝純一、蛭田均、坂本桂子、山内和則、石黒賢一郎、小川巧、中嶋明、金井訓志、金子亨、佐藤幸代、大場再生、川村悦子、呉亜沙、小山利枝子、奥谷太一、

《日本画》八木幾朗、内田あぐり、西田俊英、山本直彰、浅野均、宮いつき、重政啓治、平山英樹、依田万実、松倉茂比古、畠中光享、伴戸玲伊子、神彌佐子、神戸智行、町田久美、

《版画》舩坂芳助、高柳裕、小作青史、池田良二、若江漢字、多賀新、河内成幸、木村秀樹、星野美智子、柳澤紀子、山口啓介、天野純治、筆塚稔尚、木下恵介、渋谷和良、濱田富貴、元田久治、入江明日香

※ジャンル別、派遣年順。敬称略。