花結び二人展

さいたま市岩槻区(旧岩槻市)は「人形の街」として知られています。

日光街道沿いの岩槻には、東照宮造営に関わった職人が定住して木材加工の産業が生まれ、
人形の芯材となる桐の粉や良い水が手に入ったことから、
人形作りが盛んになったと言われています。

今も多くのお人形屋さんがあり、この時期には華やかな雛飾りをたくさん見ることができます。

 

2月下旬〜3月上旬までは「まちかど雛めぐり」と題して街中でイベントがありますので、
興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

「人形のまち岩槻 まちかど雛めぐり」公式HP
http://hinameguri.com/



また、来週から母と二人で小さな展覧会を行うことになりました。

日本酒酒造会社 鈴木酒造さんの蔵の2階にある「ギャラリー万両」にて、

母の器・小物など(陶芸)と私の小品(日本画)を集めた二人展をさせて頂きます。

 

20年以上コツコツと趣味で陶芸を続けてきた母と、日本画を描いてきた私、

それぞれ花をテーマに制作した作品を持ち寄ります。

私は幸せなことに様々な場所で作品発表する機会を頂いてきましたが、

こうして地元で展示をさせて頂くのは初めての事です。

お近くにお越しの方はご覧いただけますよう宜しくお願いいたします。

 

「−花結び− 伴戸トシ子・玲伊子 二人展」

2019年3/5(火)〜10(日)

10:00〜16:00   ※3/6、7以外は会場におります

ギャラリー万両(鈴木酒造)

https://www.sakekura.net/user_data/gallery

さいたま市岩槻区本町4−12−29/048−756−0067

東武線岩槻駅より徒歩10〜15分、駐車場3台あり