社の西

創画展に「社の西」(100号)という作品を出品します。

この絵のモチーフとなった場所は、近くの神社の広場です。

普段はあまり目立たない場所ですが、

秋になると敷地いっぱいに曼珠沙華が咲き誇ります。

広場の真ん中の盛り土は、角が崩れかけた素朴な土俵でした。

花々はそっとその周りを飾りたてているようでした。

 

スケッチをしていると、近所で生まれ育ったという年配の女性が

幼い頃の思い出を話してくれました。

地域の神社は、その地に住む人の人生とリンクして存在しています。

時に主役に 時に脇役になりながら、地域で語られる言葉の中に、

生きた想いや祈りがあるのだなと感じました。

 

私の作品は東京展、京都展にて展示予定です。

お近くにお越しの方はご高覧いただけますよう、宜しくお願いいたします。

 

 

「第46回創画展」

東京展   2019年10/24(木)〜30(水)  東京都美術館

京都展   2019年11/26 (火)〜12/1(日) 京都市美術館別館1階、日図デザイン博物館