冬もみじ

 

木枯らしの吹く季節になりましたが、

まだ時々 赤や黄色に色づいたモミジを見かけることがあります。

寒風や乾燥に負けず

掌をひろげて頑張る冬紅葉は 健気で愛らしく、

枯木立のなか1本だけ 色鮮やかに輝く姿は

孤独ながらも貴い美しさに満ちています。

 

枝を見上げれば青い川にながれるモミジの筏のよう。

まさに竜田川の名残りといったところでしょうか。

 

 

ところで冬紅葉といえばこんな句があります。

 

「冬紅葉冬のひかりをあつめけり」 久保田万太郎

「あつき温泉をいでがたくをり冬紅葉」 水原秋櫻子

「うつくしきものみなひそか冬紅葉」 山口青邨

 

冬紅葉が楽しめるのもあと僅か。今年もあと僅か。

日向ぼっこをしたり、温泉に入ったり、

そっと1年を振り返ったりしながら、
行く季節を味わいたいものです。