日本画的日常 伴戸玲伊子 REIKO BANDO

日本画の制作活動をしている伴戸玲伊子のブログです。 自身の制作や日々思うこと、美術館等について書いています。

カテゴリ: つれづれ

 この夏は猛暑続きで、炎天下のスケッチは非常に厳しいものでした。それでも描きたくて、この植物の元に何度か通いました。 この花は紅蜀葵(コウショッキ)。冬は地上部が枯れて 全く痕跡が無くなってしまうのに、じわじわと暑さが増してくると爆発的に成長します。やが ...

桜が描きたくて、このひと月程の間、幾つかの種類の桜を取材しています。関東地方の染井吉野や山桜などは おおよそ葉桜となりましたが、それらより少し遅れて咲き始める品種もあり、まだまだ桜の季節は続いています。 これは緑色の桜「御衣黄(ギョイコウ)」。私が取材し ...

久伊豆神社「朝香宮殿下孔雀奉納80年祭」に於いて、クジャクを描いた作品を奉納させて頂きました。久伊豆神社さんでは80年に渡り、朝香宮殿下より下賜されたインドクジャクを飼育し繁殖させてきたそうです。境内には大きな鳥舎が3つあり、約10〜20羽のクジャクたち ...

私の家の近くでは果樹を育てているお宅が多く、 よく野鳥がやってきます。 冬になると、 時折トカゲやカエルなどが枝に刺してあるのを見かけます。   これはモズの仕業だそうです。 モズが冬場の保存食としてエサをとって置いていくのだ、 と聞いたことがあります ...

和紙の原料として知られる「ミツマタ」。 文字通り三つ又に分岐しながら成長する樹形は どことなくユーモラスです。   この時期になると小さな花が半円形に密集して咲き、 辺りに清々しい香りを放ちます。   ミツマタはジンチョウゲ科の植物、 その香りもまさ ...

↑このページのトップヘ