日本画的日常 伴戸玲伊子 REIKO BANDO

日本画の制作活動をしている伴戸玲伊子のブログです。 自身の制作や日々思うこと、美術館等について書いています。

カテゴリ: 首都圏 美術館・ギャラリー

今日まで東京オペラシティーで行われていた企画展“melting point”を見に行った。Jim Lambie、Ernesto Neto、渋谷清道の三人によるインスタレーションの展覧会である。「melting point(融点)」というタイトルは作品が空間・人に影響を及ぼし、新たな「場」へと変容して ...

東京メトロ・赤坂見附駅近くのニューオータニホテル内には美術館が併設されている。 私は現在開催中の「日経日本画大賞展」を見てきた。隔年開催で今年が3回目となるが、今回は過去2回と比べてガラリと印象が変わったように感じた。新しい日本画の可能性を広げる作品を ...

出光美術館にて今日まで風神雷神図屏風展が行われていた。約400年前に俵屋宗達が描いた風神雷神図屏風。宗達の後継者と言われる尾形光琳は宗達のそれと全く同様の図像を描き、さらに光琳から数十年後、酒井抱一もそれに習った。実はこの「琳派」の代名詞とも言える3人の ...

↑このページのトップヘ